前へ
次へ

家族葬に加わるケースでの礼儀作法

家族葬へ加わるか否かの判断については、遺族から参列して欲しいと案内があったケースのみ加わるのが基本的な法則です。
訃報を分かっていても、案内が一切無いケースは参列を止めた方が良いでしょう。
書面を利用することによって連絡を受けたケースになると、逝去の知らせと一緒に葬儀の案内が記されていれば加わりましょう。
その理由として、参列してほしい方だけに案内するのが周知の事実だからといえます。
書面によって家族葬の知らせがあったとしても、故人や遺族の意思によりまして、身内のみで家族葬に取り組むといったものであれば、参列しないことがエチケットといわれていますので留意しましょう。
書面によって案内を受けたというようなケースで、中には家族葬に取り組むことと葬儀の日程や場所が紹介されているだけで、遺族の考え方が皆目分からないケースがあります。
参列してよいのか分からないときは、ダイレクトにチェックするといいでしょう。

Page Top