前へ
次へ

家族葬に参列する人数

葬儀会社の家族葬メニューは参列する者の数によって規定されている傾向が高く、人の数が増加するほど必要となる費用が動きやすいです。
家族葬の頭数は10~30人が通常、多い場合でも50人といえます。
参列する者の頭数によっては一般葬を考えた方がいいと考えられます。
1つの例として、10人で葬儀を執り行う場合と、30人から50人くらいが加わる家族葬とでは、式場のスケールや確保する食事量、葬儀と関連する係員の人件費も異なることになります。
葬儀に不可欠な物品は、原則一般葬とほとんど一緒なので、頭数の規模によってはコストが考えていたほど安値にならないかも知れません。
そして料理のクラスをあげたり、オプションを加えるなどでお金が必要なこともあるでしょう。
人数が増加しそうな場合や葬儀社のメニューの中身によっては、一般葬も想定するのも1つです。
どちらにしても、参列することができず悲しい感覚に陥る人間が出ないよう、留意することが大切になります。

Page Top