前へ
次へ

家族葬の利点や注意すべき点

一昔前は葬儀は一般葬で、故人と関わった多くの人が参列することが当たり前とされていました。
しかし時代の流れとともに、葬儀に関する考え方にも変化が生まれており、葬儀スタイルも自由になりました。
そのことから増えたのが、家族葬というスタイルです。
近所や親類縁者との関わりが薄くなっていたり、高齢化に伴い葬儀に参列できる人が減ったこともあり、家族葬が増えるのは当然のことではないでしょうか。
故人の希望や、遺族の思いを反映できる葬儀を行うことができて、形式にこだわる必要はないという人にぴったりの方法となっています。
比較的新しい葬儀のスタイルということから、家族と参列者で認識のずれがあることも多く、家族と参列できなかった人との間でトラブルになってしまうこともあるので、あらかじめ了解を得るようにしておくなど細かな点まで配慮し、準備しておくことも大切です。
今後さらに需要が高まっていく葬儀スタイルということは、間違いありません。

Page Top