前へ
次へ

家族葬に参列する際の注意点

家族葬については遺族も準礼装を身につけていく確率が高いです。
とくに案内なき場合は、通夜や葬儀告別式いずれも参列者サイドも準礼装を身につけるのが通例です。
男の方はブラックスーツ、女の方はブラックフォーマルのアンサンブルなどが準礼装ということになります。
原則靴やネクタイなどは黒無地で統一することになります。
しかし通夜は仕事からの場合もあることから、略礼装でも問題ありません。
男性のケースではダークスーツ、女性もワンピースなどで整えます。
可能であれば靴下やネクタイも、黒に変えていくと最適です。
また、家族葬のケースでは、一般葬と比較すると香典を辞退することが少なくありません。
案内において香典辞退の旨が記入されていれば、持参しなくても誤っているということはありません。
とくに記載がないというようなケースも、香典を受け取られない傾向が見られますが、気がかりであれば準備し、現場でチェックした上で意図に応じるといいでしょう。

Page Top